『全身の疲れに効果』おすすめマッサージ機は? (ネット人気商品)

 

普段から肩のコリや腰の痛み・足のむくみなど、
あらゆる部位の疲れで悩んでいる方は多いことでしょう。

それぞれをスポットで癒すマッサージ機も良いですが、
では、トータルで全身の疲れを取ることができるのは、
と言えば『マッサージチェア』ですよね。

 

このページでは「マッサージチェアを使うことの効果」
「マッサージチェアをより効果的に使う方法」

そして、ネットで人気の「おすすめのマッサージチェア」
をご紹介したいと思います。




 

マッサージチェアの効果

これは、ほとんどの方がお分かりかも知れませんが、
全身の疲れが取れ、身体と心が癒されることです。

特に肩から背中・腰あたりにかけて、一度にマッサージ
できる効果は大きく、ストレス解消にも役立ちます。

 

機種によっては、ひざ・ふくらはぎ・足先までと、まさに
全身をマッサージできるものもあってあこがれますが、
自宅に置くとかさばるので、購入するには勇気がいりますね。

でもそれだけに全身の血流が良くなるし、さらに心まで
リラックスできるので、これが自宅で毎日味わえるとなると、
食指が動いてしまいそうです。

 

マッサージチェアの効果的な使い方

マッサージチェアが一番効果を
発揮する時と言えば、入浴後が一番ですね。

 

健康ランドや温泉施設には、必ずマッサージチェアが
おいてあることでもお分かりになると思います。

入浴後は身体が温まっているので、
血流が良い状態でマッサージ効果も高いのです。

 

そして、その時は心身ともにリラックスしていますから、
より高い効果が得られる訳ですね。

ただ効果を持続したいのなら、
なるべく毎日継続して使うことです。

たまに使うだけなら、その場限りの
疲れ取りになってしまいます。

毎日でないにしろ、せめて2日に1度くらい使えば、
相応に効果を発揮するでしょう。

 

ここで注意したいのは、
1度に使い過ぎないことですね。

気持ちが良いからと、1時間以上も
使い続ける方がいますが、これは逆効果。

身体に負担を掛け、かえって疲れが残ってしまい、
夜、寝られなくなったりします。

 

1度にマッサージする時間は、15分程度が理想的。

 

たいていのマッサージチェアには、
自動的に電源が切れるタイマーが付いていますが、
そのほとんどが15分と決まっているんです。

またそうすることで、機械への負担も
軽減することができ、長持ちさせます。

 

おすすめマッサージチェア3モデル

「ドクターエア 3Dマッサージシート」

椅子やソファーにのせて使うマッサージシートで、いつでも
どこでも折り畳んで持ち運べるところに魅力があります。

 

本格的なマッサージチェアが欲しいけど、高価だったり
部屋でかさばるのはイヤと言う方に向いている商品。

小さな4つのもみ玉が光りながら、
上下にそして前後にも動いて、
力強い指圧動作をもたらしてくれますよ。

 

「スライヴ マッサージチェア CHD-3400」

これは、肩からふくらはぎまでを同時に
マッサージしてくれる、本格的なマッサージチェア。

と言っても価格は安く、大きな部屋を持っていなくても、
それほどジャマにならないコンパクトボディが大きなメリットです。

 

あまり大柄な男性には窮屈だとも言われていますが、
電動リクライニングも装備し、
特に女性に人気な機種になっています。

 

「ツカモトエイム AIM-115」

ご覧の通り、マッサージチェアと言うより、
マッサージ座椅子と呼んだ方が相応しい製品。

頭と腰、そして足の3ヶ所がそれぞれ14段階に調節できて、
座っても寝転んでも好みの姿勢をサポートしてくれるのが特長です。

 

もみ玉を使ってグリグリするものとは違い、全身を
バイブレーターで癒すので、強いマッサージに抵抗があり、

テレビを観たり読書しながら
疲れを取りたい方におすすめの商品と言えます。

 

以上、いかがでしょうか。

 

マッサージチェアに限らず、家庭用マッサージャーには
過度な期待はせず、毎日適度に使って身体を癒す使い方がベスト。

無理な使い方をしないことが身体を守り、機器の
寿命も伸ばすコツなのだと覚えておいて下さいね。

 

 

コメントを残す