『Naipo マッサージ枕』車におすすめの首マッサージャーで疲れ知らず!

 

車の運転で、首がこる人におすすめ。

快適マッサージャー「Naipo マッサージ枕」
を、今回ご紹介したいと思います。

2

このマッサージャーはACアダプターだけでなく、
DC12Vアダプターも付属しています。

部屋だけでなくカーシートに取り付けて、
車を運転しながら首のマッサージができてしまうんですね。
(実際には、停車中の使用をおすすめします。)

 

本体に4つのモミ玉を内蔵、60秒のサイクルで
自動的に正転/反転マッサージを繰り返して、
血液の循環を促進します。

また本体にヒーターが装備され赤光温熱効果を発揮、
約35度の暖かさをキープできます。

首筋の筋肉を緩め、ストレスと
痛みを和らげることができますよ。

 

さらに、部屋では全身を
マッサージすることも可能。

当て方を変えることで、
背中や太もも・脚などに使えるんです。

1度電源を入れると15分で自動的に切れるタイマーも内蔵しており、
気持ち良さについ寝てしまっても大丈夫。

 

さて、このNaipo マッサージ枕
実際の使い心地や効果はどんなものでしょうか?

すでに使っているユーザーの皆さんのレビューで、
商品の魅力を検証してみることにしましょう。

 

★「マッサージ機を初めて購入。これは寝ながらマッサージしても痛すぎることはないし、とても暖かくてしかも安い。色々と身体の位置を変えながら部位にモミ玉を当てると、ゴリゴリ揉んでくれる。車の中で使えるのも良い。」

★「私は車の中で使っている。シートへの取り付けは、上下に気を付けた方が良い。結構しっかり揉んでくれる。やり過ぎると、次の日に痛いくらいだ。価格を考えると、買って後悔することはないだろう。」

★「この価格で充分疲労が取れ、自分の当てたい部分にピンポイントで攻撃できるので非常に満足。ただし、1ヶ月くらい経って網の部分がほころび、破れ始めたのは残念。1年くらいなら消耗とあきらめが付くが、1ヶ月は短い。返品もできない。繰り返すが、効果は抜群。」

★「肩こりがひどくて購入した。充電タイプではないので、コンセントにつながないといけないのだが、電源コードが短くて延長コードが必要だ。」

★「肩と首のコリが楽になった。夜寝る時には少しモーター音が気になるので、休憩時や休みの日の昼寝なんかに使っている。小気味良く動くボールの刺激がとても気持ち良い。枕のネットは取り換えができないので、できるだけ薄いタオルなど敷いてから使う方が衛生的だと思う。説明書は英語だが、特になくても使えた。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

価格が安いのにモミ玉の力が強く、
結構刺激のあるクッションマッサージャーですね。

 

その反面、メッシュになっているカバーが弱く、
ほつれやすいのが最大の弱点と言えるでしょう。

なるべくほつれないように、ていねいに
扱うよう心掛けないといけません。

本来なら、多少値段を高くしてでも、
カバーを丈夫に作るべきではないでしょうか?

 

小さな枕型マッサージャーですが、モミ玉に
ヒーターを内蔵させたアイデアは良いと思います。

冬場に使うのに、特に有り難いですね。

 

冒頭に述べた通り、この商品のメリットとして車で使える、
12V DCアダプターが付いています。

カーシートのヘッドレストの少し下に設置すれば
ちょうど首に当たるため、運転中に首が疲れたり
凝ってしまった時に重宝すると思います。

停車中なら、腰に当てて使ってみるのも
腰の疲れや痛みに良いことでしょう。

 

意外なことですが、DC12Vに対応し、
車内で使うに便利なクッションマッサージャーや
シートタイプのマッサージチェアってないんですね。

その点で、このNaipo マッサージ枕は、
貴重な商品と言えるかも知れません。

 

小型でパワーもあり、持ち運びに便利なこのマッサージャー、
お手軽に買えてプレゼントにも相応しいのは間違いないでしょう。

2

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ オムロン HM-341

 

コメントを残す