『肩こりのマッサージ効果』マッサージ機では肩こりは治らない?

 

「肩こり」など、疲れた身体を癒すには
マッサージを受けるのが良いですが、
しかし、そのたびにマッサージ院に通うのは大変。

 

となると、目が向くのは、自宅でいつでも使える
マッサージ機/マッサージャーですよね?

現代では色んな機種が発売され、これらを使うことで、手軽に
コリやむくみなども取れるとあなたはお思いのことでしょう。

 

冒頭から結論を述べてしまいますが、
マッサージ機では、根本的にこれら
身体の不快症状の治癒はできないこと、
ご存知ですか?

 

確かに症状を楽にすることは可能ですが、
治癒ができないのはもちろん、使用の仕方によっては
改悪になってしまうこともあるのです。

今回は、マッサージチェアに焦点を当て、
マッサージ機の効果的な使い方・やめた方が良い使い方
に付いてお話ししようと思います。




 

マッサージチェアは適度に使う

毎日仕事で、1日中デスクワークで座りっぱなしの人は、
肩や背中がこったり腰が痛くなったり、

レジなどの業務で立ちっぱなしの人なら、
足のむくみが気になることも多いと思います。

 

こんな時に自宅でマッサージチェアに
身体を預けてしまえば、疲れも吹っ飛ぶことでしょう。

これは間違いのないことです。

 

全身をマッサージすることで、

・疲れが取れる

・血流が良くなる

・気持ちがリラックスする

のです。

 

さらに、この効果をより高めるなら、
入浴後にマッサージ機に掛かるのが良いですね。

入浴後は身体が温まっていることで、
血液やリンパの流れが良くなっているので、
マッサージ効果が高まるのです。

 

しかし注意したいのは、癒されたい部位ばかりを中心に
何度もマッサージを繰り返さないことです。

またマッサージを始めたら、痛みを感じているのに
無理をしてマッサージしないことも重要。

 

これを続けると、翌日に揉み返しが起こったり
皮膚に炎症を起こしたり、その他、身体がだるくなったり、
場合によっては頭痛や吐き気を催すことだってあるんです。

 

最近のマッサージチェアは賢くなっており、
1回のマッサージ時間を15分に設定し、

同じ部位ばかり刺激しないようなプログラミングされ、
使用後に不快感に襲われないような仕様になっています。

 

なので、これを無視するような
使い方は、ぜひ避けたいものですね。

 

ある実験で、マッサージチェアに長時間掛かると
どうなるのか?と言うものがありました。

すると、1時間を過ぎた頃から全身に痛みが出始め、
2時間後は激痛で耐えられなくなり、
実験者自ら前に飛び出してしまったそうです。

 

メーカーが1回のマッサージ時間を15分として、
マッサージチェアの動作を止める仕様としたのは

適当なことではなく、快感を保ったまま身体の
コンディションを整えることを考てのことなのですね。

 

でも、たった15分では十分に体調が整うはずもなく、
物足りなさが残ることでしょう。

 

そのためには、適度にマッサージチェアを
使い分けることがコツです。

15分を2日に1回とか、1日に1回を
限度とした使用が良いでしょう。

 

適度なマッサージを続けることで、
不快な症状からあなたを解放しますよ。

 

 

症状が改善しないなら迷わず医療機関へ

マッサージチェアを使うたびに快感を得ることができ、
翌日の仕事へのやる気が起きるのは良いことですね。

 

でも、何ヶ月経っても、
マッサージを受けている時は気持ちが良くても、
終了後に不快感がよみがえるような場合は要注意です。

このまま我慢してマッサージを続けても、
快方に向かうことはないでしょう。

むしろ、症状が悪化することがあるかも知れません。

 

こりやむくみがどうしても改善されないのなら、迷わずに
マッサージ院や整形外科病院へ行くことをおすすめします。

 

冒頭でも述べましたが、マッサージチェアは
心身をリラックスさせ、疲れを取る効果はありますが、
肩こりや腰痛などの症状を根本的に治すことはできません。

ダイエットのために肥満を抑え、徹底的に
身体を鍛えるには、フィットネス機器だけに頼るより
フィットネスクラブに通う方が効果的なのと同じ。

 

マッサージチェアは、不快な身体の症状を完治させるものではなく、
あくまで心身をリラックスさせ、身体の疲れを癒すアイテムだと
認識すべきでしょうね。

 

 

ネットで購入するおすすめマッサージチェア

一般にマッサージチェと言うと何十万円と高価な上、
重量も100㎏を超えるような製品を想像するかと思います。

確かに高級マッサージチェアの座り心地は良く、
マッサージ感も、まるで人の手によるものと
間違えてしまうような感覚を覚えることでしょう。

 

しかし、このクラスのものは高価なだけでなく、
大型で重いと言うことでスペースが必要で、
どこにでも置けるようなものではありません。

ですから、おいそれと簡単に
手が出せるものではありませんね。

 

そこで今回は、コンパクトでできるだけ部屋を占領せず、
またネットで手軽に購入しやすい、
価格を抑えた機種をご紹介したいと思います。

 

あなたのマッサージチェア選びの、
ご参考にして下さい。

 

「スライヴ CHD-9006(K)」

背中部分に “つかみもみ機能” を搭載した本格的マッサージチェアです。「横回転もみ玉」と「押し上げるもみアーム」により、親指でじっくりとこねるような手揉み感覚を実現しているのが特長。ポイントは、この2つが同時に作動することで、肩周辺をつかみ揉みできることです。そのため、まるで人間がマッサージしているかのように感じる訳ですね。

 

 

「ルルド AIR MOMI マッサージソファ AX-HIL1634」

一般的なソファーと比べて77%ほどの大きさで、部屋に置いても邪魔にならないのが特長。ポイントは、4つのヒーター機能付きモミ玉が、背中部分を指圧しながら上下運動を繰り返してほぐすところにあります。そして、12層のエアバッグが腰と脚部をギュ~ッと圧迫して癒します。

 

 

 

「マイリラ MRL-1100」

モミ玉に、揉み・叩き・上下運動と、それぞれ独立したモーターを搭載。そして他機とは違う特長として、背もたれを高くして60㎝もの長い施療範囲を実現し、首から肩・背中・腰・お尻まで幅広くカバーしているんです。ハンディタイプで首や肩もほぐしてくれるのは、マイリラだけのメリットです。

 

 

 

 

 

※この記事を読んだ方は、こんな記事もおすすめです。

⇒ マッサージチェアの高級モデルを比較

 

コメントを残す